ホームページリニューアルのお知らせ

6月30日に佐賀県弓道連盟ホームページをリニューアルしました。

新しいアドレスは、https://kyudo-saga.jimdofree.com/ です。

皆様ぜひご覧ください。

お気に入り登録をされている方は、再登録をお願いいたします。

スマートフォンでご覧になりたい方は下記のQRコードからアクセス可能です。

令和4年度伝達講習会の開催

(1) 日  時 令和4年6月26日(日)開場8:00準備 開始9:00~15:00              
(2) 会  場 
  四段以下:SAGAサンライズパーク弓道場(旧称:佐賀県総合体育館弓道場)
  五段以上:佐賀市立弓道場 
(3)申込期日 令和4年6月19日(日)必着
(4)講  師 九州地区指導者講習会受講者
(5)受講料 500円
(6)申込先 佐賀県弓道連盟 宛  メール: sagaken@kyudo.jp
(7)その他 
*参段以上は和服着用・二段以下は弓道衣着用
*教本(第1巻)、副読本、筆記用具等持参
*公認資格認定制度資料集・改訂版弓礼・弓法問答集をお持ちの方は持参下さい。
※昼食は各自準備してください

ねんりんピックかながわ2022派遣選手について

令和4年6月4日に開催しました「ねんりんピックかながわ2022弓道交流大会選手選考会」において、派遣選手は下記の通りとなりました。

 

草場 光満(武雄)

江口 洋一(佐賀)

実本 信雄(鳥栖)

井﨑 裕文(佐賀)

松本 澄子(唐津)

森 広美(佐賀)

生島 久実子(佐賀)

以上7名

 

九州選手権大会及び全日本遠的選手権出場者

5月15日に実施いたしました、標記予選会の予選結果を報告いたします。

 

九州弓道選手権大会出場者
【男子の部】
黒住 一道(鳥栖)  岩田 直亮(唐津)  中山 友輔(佐賀)
【女子の部】
東田 留美子(川副)  竹下 知朋(川副)  青木 紀子(唐津)

 

全日本弓道遠的選手権大会出場者
【男子の部】
中山 友輔(佐賀)  本村 良洋(佐賀)
【女子の部】
竹下 知朋(川副)  東田 留美子(川副)

 

ねんりんピックかながわ2022選手選考会の開催について

表記の選考会を下記の通り開催しますので、会員皆様のご参加をお願いします。

1.大会名称  ねんりんピックかながわ2022「弓道交流大会」選手選考会
2.主  催  (公財)佐賀県長寿社会振興財団
3.主  管  佐賀県弓道連盟
4.競技日時  令和4年6月4日(土)  集合 13:00 競技開始 13:30
5.競技会場  多久市緑が丘弓道場(多久市北多久町大字小侍1100番地1)
6.参加資格
(1)県内在住で、60歳以上(昭和38年4月1日以前に生まれた人)とする。
(2)ねんりんピックかながわ2022(令和4年11月11日(金)~11月15日(火))に参加できる会員であること。
7.競技方法  近的競技(射距離28m、36㎝霞的)とする。
8.選考会規定 四ツ矢2立(8射)とし、座射を基本とする。
9.表  彰  成績上位3位まで表彰する。参加者のうち、最高齢者に特別賞を贈る。
10.全国健康福祉祭関係
ねんりんピックかながわ2022大会(会場:秦野市カルチャーパーク総合体育館)への参加選手については、本大会の結果等を踏まえ佐賀県弓道連盟が候補者を推薦し(公財)佐賀県長寿社会振興財団が決定する。
11.参加申込
別紙申込書に必要事項を記入し、佐賀県弓道連盟に令和4年5月26日(木)までに(郵送、メール、FAXのいずれか)必着するよう申し込むこと。
【申込先】:佐賀県弓道連盟 事務局 橋口直紹
E-mail:sagaken@kyudo.jp(佐賀県弓道連盟)
12.参加上の注意
(1)参加者は、あらかじめ健康診断を受けるなど健康については参加者各自で責任をもつこと。
(2)競技会場には救護員を配置するが、応急措置以外の責任は負わない。
(3)競技日における傷害保険は主催者側で加入する。
(4)受付で検温を行い、37.5度以上の場合と咳や咽頭痛がある場合は出場できない。
13.個人情報の取り扱い
本大会に利用する目的で収集した個人に関する情報は、受付、組合せ、申込者への連絡、救急対応、傷害保険加入手続き、競技成績等に関する報道機関等への発表等、本大会運営に関することのみに使用し、その他の目的には一切使用しない。
14.その他
(1) 当日の準備及び運営等については、参加者全員で行いますのでよろしくお願いします。
(2) ねんりんピックかながわ大会の参加費用は、佐賀県長寿社会振興財団からの助成がありますが、8万円程度の自己負担があります。
  (3)問い合わせ先
佐賀県弓道連盟 〒848-0044 伊万里市木須町3732 TEL:090-2858-5596
佐賀県長寿社会振興財団 TEL:0952-31-4165

全九州弓道選手権、全日本遠的選手権選考会の開催について

全九州弓道選手権大会選考会の開催について

1.日  時  令和4年5月15日(日) 午前10時開始
2.会  場  多久市緑が丘弓道場 
3.参加要件  全九州弓道選手権大会(7月31日(日)熊本)に参加できる会員
        竹弓・竹矢を使用すること(段位の規定はありません)
4.選考方法  県代表には、男女とも各3名以内を選考します。
 〇近的 一手2立(坐射、審査における行射の要領)
     合計得点(得点制)の高い方を上位とする
     同点の場合、的中数が多い方を上位とする
     的中数が同じ場合、一手(2射)の得点が高い方を上位とする
     *選考は的中1中以上の方を対象とします。   
5.参 加 費  無料(昼食は各自準備してください。)
6.申  込  別紙申込書により、令和4年5月6日(金)迄に下記へ申込ください。 
         E-mail⇒ sagaken@kyudo.jp  佐賀県弓道連盟 宛
7.そ の 他  
事務緩和のためメールでの申し込みをお願いします。 また、締め切り後の変更(欠席)等は早急にお願いします。
当日は、コロナウイルス感染防止のためマスクの着用をお願いします。 また、体調不良の方は参加をご遠慮ください。
参加者自身のケガや賠償の備えとして,スポーツ保険にご加入されることを推奨します。

当日の準備及び運営等については、参加者全員で行いますのでよろしくお願いします。
また、終了後の全日本遠的選手選考会にも併せてご参加ください。


全日本遠的選手権選考会のご案内

1.日  時  令和4年5月15日(日) 全九州弓道選手権選考会終了後
2.会  場  多久市緑が丘弓道場
3.参加要件  本大会(10月29~30日(東京))に参加できる会員
        五段以上で竹弓を使用すること
4.選考方法  県代表には、男女とも各1名を選考します。
  1次予選  立射 4矢3立(計12射)男子7中以上、女子6中以上を予選通過とする。
  2次予選  立射 4矢1立(計4射)男子、女子共に3中以上を予選通過とする。
  決勝  立射 射詰め
  ○選考条件: 1次予選通過者(体配・射技も選考の対象とする)
5.参 加 費  無料(昼食は、各自済ませてからご参加ください)
6.申  込  別紙申込書により、令和4年5月6日(金)迄に下記へ申込ください。 
         E-mail⇒ sagaken@kyudo.jp  佐賀県弓道連盟 宛
7.そ の 他  
事務緩和のためメールでの申し込みをお願いします。 また、締め切り後の変更(欠席)等は早急にお願いします。
当日は、コロナウイルス感染防止のためマスクの着用をお願いします。 また、体調不良の方は参加をご遠慮ください。
参加者自身のケガや賠償の備えとして,スポーツ保険にご加入されることを推奨します。

当日の準備及び運営等については、参加者全員で行いますのでよろしくお願いします。
また、午前中の全九州選手権大会選考会にも併せてご参加ください。

弓道教本第1巻(補正増補版)の刊行・頒布について

地区理事、高校、中学、大学弓道部各位

お世話になります。
全日本弓道連盟より弓道教本第一巻(補正増補版)の案内がありました。
つきましては、県連事務局で一括して申込をしますので、各地区、学校で購入者があれば報告下さい。

申込期限は4月19日(火)としています。

弓道教本1巻補正増補発刊・頒布について(ご案内)

令和4年度第1回佐賀県地方審査実施要項

1、主  催:公益財団法人全日本弓道連盟

2、主  管:佐賀県弓道連盟

3、期  日:令和4年5月1日(日)

4、会  場:多久市緑が丘弓道場
       〒846-0002 多久市北多久町大字小侍1100番地1

5、審査種別:認定~四段まで
      受審者30名毎に時間帯を分けて実施する為、開始時間等は申込み締め切り後に各支部・各学校宛連絡します。

6、受審資格:弐段以上の受審は現段位が認許されてから満5ヶ月以上経過している事。

7、締 切 日:令和4年4月18日(月)必着

8、審査申込書送付先
      本木 成子 宛

9、審 査 料:指定口座に入金をお願いします。

☆審査料の払込は専用の払込用紙を使用し、通帳又はCDカードにて一旦入金し、通帳又はCDカードを利用してATMにて払込手続きをお取り下さい。
☆受付以後、個人的理由による欠席の場合、審査料の返金は行わない。

10、学科レポート問題
※しっかり教本を確認し、レポートを提出してください。

初段問題
 (1)「射法八節」を順に列挙し、「足踏み」を説明しなさい。
 (2)弓道を通じてどのようなことを学びたいと思いますか。

弐段問題
 (1)坐射での「矢番え動作」について説明しなさい。
 (2)危険防止について心掛けていることを述べなさい。

参段問題
 (1)「射法・射技の基本」を列挙し、「呼吸(息合い)」について説明しなさい。
 (2)あなたが日々の修錬で心掛けていることを述べなさい。

四段問題
 (1)「五重十文字」について説明しなさい。
 (2)「射を行う態度」について述べなさい。

 

【注意事項】
*審査申込は楷書でわかりやすく黒のボールペンで記入すること。
*立射で受審する際は、申込書の所定の欄に立射で受審したい旨朱書きすると共に、下記空白部分に理由を明記して下さい。(診断書・身障者手帳の添付は不要です)
申込後 諸事情で立射の申請をする場合は当日、受付でその旨を申告し、審査委員長の承認を得ること。
*審査に遅刻・呼び出し(第二控えの点呼迄)に応じない際は、棄権したものと見做します。

【登録料
級位 1,030
初段 3,100
弐段 4,100
参段 5,100
四段 6,200

【審査の合格発表について】
合格発表は、各支部・各学校経由で本人に通知する。

【審査登録料の手続き】
合格発表後、各支部・各学校で取りまとめ地連へ納入ください。

【地方審査会における統一事項】
四段までの行射審査は弓道衣、五段審査は和服着用とする。

【審査会対策要件内容 抜粋】
(1) 三密にならないよう様に対策を講じること。
(2) 集合する「開会式」「矢渡/演武」「学科試験」は実施しない。また、「観覧席」の使用は禁止する。
(3) 学科試験はレポート形式とする。(受付時当日提出)
(4) 弓道場(控え)への入場制限を行います。
(5) 更衣室の密を避けるため、受審者は自宅で弓道衣(和服)に着替えを済ませ来館することが望ましい。
(6) 審査終了後、弓具を片付け、速やかに退館すること。

*審査申込書の記載不備について地区長又は顧問の先生へのお願い。
下記事項について、提出前にご確認をお願いいたします。

  •  ・申込者の印鑑漏れ
  •  ・弓歴の記載なし
  •  ・支部長承認学校責任者承認の署名押印なし
  •  ・会員ID番号の記載なし
  •  ・講習会の受講歴記入なし

       

新型コロナウィルス感染症の発生状況により中止する場合もあります。
その時は早急に連絡致します。

審査申込書様式の一部変更について

全日本弓道連盟から審査申込書様式の変更連絡がありました

なお、旧様式を使用しての審査申込も可です

 

<変更点について>

●級位・五段以下用
・弓歴、講習会受講歴、休会の期間を削除
・注意事項「年月日は和暦で記載のこと」を追加
・パソコン入力可・複写可(いずれも氏名欄除く)

●称号・六段以上用
・記載内容に「休会の期間」を追加
・注意事項「年月日は和暦で記載のこと」を追加

 

審査申込書(級位・五段以下用)2022.3
審査申込書(称号・六段以上)2022.3

全日本弓道連盟のホームページからもダウンロード可能です。(準備でき次第差し替えられます)