令和4年度第1回佐賀県地方審査実施要項

1、主  催:公益財団法人全日本弓道連盟

2、主  管:佐賀県弓道連盟

3、期  日:令和4年5月1日(日)

4、会  場:多久市緑が丘弓道場
       〒846-0002 多久市北多久町大字小侍1100番地1

5、審査種別:認定~四段まで
      受審者30名毎に時間帯を分けて実施する為、開始時間等は申込み締め切り後に各支部・各学校宛連絡します。

6、受審資格:弐段以上の受審は現段位が認許されてから満5ヶ月以上経過している事。

7、締 切 日:令和4年4月18日(月)必着

8、審査申込書送付先
      本木 成子 宛

9、審 査 料:指定口座に入金をお願いします。

☆審査料の払込は専用の払込用紙を使用し、通帳又はCDカードにて一旦入金し、通帳又はCDカードを利用してATMにて払込手続きをお取り下さい。
☆受付以後、個人的理由による欠席の場合、審査料の返金は行わない。

10、学科レポート問題
※しっかり教本を確認し、レポートを提出してください。

初段問題
 (1)「射法八節」を順に列挙し、「足踏み」を説明しなさい。
 (2)弓道を通じてどのようなことを学びたいと思いますか。

弐段問題
 (1)坐射での「矢番え動作」について説明しなさい。
 (2)危険防止について心掛けていることを述べなさい。

参段問題
 (1)「射法・射技の基本」を列挙し、「呼吸(息合い)」について説明しなさい。
 (2)あなたが日々の修錬で心掛けていることを述べなさい。

四段問題
 (1)「五重十文字」について説明しなさい。
 (2)「射を行う態度」について述べなさい。

 

【注意事項】
*審査申込は楷書でわかりやすく黒のボールペンで記入すること。
*立射で受審する際は、申込書の所定の欄に立射で受審したい旨朱書きすると共に、下記空白部分に理由を明記して下さい。(診断書・身障者手帳の添付は不要です)
申込後 諸事情で立射の申請をする場合は当日、受付でその旨を申告し、審査委員長の承認を得ること。
*審査に遅刻・呼び出し(第二控えの点呼迄)に応じない際は、棄権したものと見做します。

【登録料
級位 1,030
初段 3,100
弐段 4,100
参段 5,100
四段 6,200

【審査の合格発表について】
合格発表は、各支部・各学校経由で本人に通知する。

【審査登録料の手続き】
合格発表後、各支部・各学校で取りまとめ地連へ納入ください。

【地方審査会における統一事項】
四段までの行射審査は弓道衣、五段審査は和服着用とする。

【審査会対策要件内容 抜粋】
(1) 三密にならないよう様に対策を講じること。
(2) 集合する「開会式」「矢渡/演武」「学科試験」は実施しない。また、「観覧席」の使用は禁止する。
(3) 学科試験はレポート形式とする。(受付時当日提出)
(4) 弓道場(控え)への入場制限を行います。
(5) 更衣室の密を避けるため、受審者は自宅で弓道衣(和服)に着替えを済ませ来館することが望ましい。
(6) 審査終了後、弓具を片付け、速やかに退館すること。

*審査申込書の記載不備について地区長又は顧問の先生へのお願い。
下記事項について、提出前にご確認をお願いいたします。

  •  ・申込者の印鑑漏れ
  •  ・弓歴の記載なし
  •  ・支部長承認学校責任者承認の署名押印なし
  •  ・会員ID番号の記載なし
  •  ・講習会の受講歴記入なし

       

新型コロナウィルス感染症の発生状況により中止する場合もあります。
その時は早急に連絡致します。