令和3年度 三重国体選手選考の変更について

新春の候、皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

 

今般、全国的に新型コロナウイルスの感染が拡大しており、首都圏には緊急事態宣言も発出されました。佐賀県内でも増加傾向にあり、終息の目途が立たないことから、三重国体選手選考内容を変更することといたしました。

 

変更の内容(添付ファイル)

1,124日、27日の1次選考会は中止。

2,2次選考、最終選考のスケジュールは白紙。

3,問い合わせ先: 強化部 岩屋 メールkyoukabu@gmail.com

 

会員の皆様への周知をお願いします。

 

1.11 国体選考会の変更について(PDFファイル;106KB)

令和2年度佐賀県新春射会(兼国体選考会)中止について

佐弓連競技第2―7号
令和3年 1月 8

 

会員、理事各位

 

佐賀県弓道連盟
会長 田 原 則 夫

 

令和2年度佐賀県新春射会(兼国体選考会)中止について

 

新春の候、皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

令和21110日付け佐弓連競技第2―6号で案内いたしました117日開催の令和2年度佐賀県新春射会(兼国体選考会)につきましては、中止といたします。

佐賀県内においても新型コロナウイルス感染症が全域に広がり、参加者の 皆様に安心して出場していただくのは困難と判断いたしました。

出場申込をされた皆様には申し訳ありませんが、新型コロナウイルス感染 拡大の影響をご理解していただきますようお願い申し上げます。

なお、国体選手選考会は、別日程で開催します。要項が決まり次第通知いたします。

 

令和2年度 佐賀県第3回ビデオ地方審査実施要項

1、審査方式:ビデオ審査(別紙、ガイドライン参照)

2、審 査 日:データ受取後の任意日に実施

3、受審対象者:小学生・中学生・高校生を対象とする。
* 一般(大学生を含む)は、第4回地方審査を受審ください。

4、審査種別:認定~弐段まで
*初段及び弐段の学科試験はレポート提出とする。

5、審査申込締切日:令和3年日(金)

6、審査申込書送付先
      近藤 宏 宛

7、ビデオ及びレポート提出締切日:令和3年2月10日(水)
*動画データはデジタルのみ(データ形式については不問)。
*画質が著しく悪い場合には再提出の可能性あり。

8、審査料:指定口座に入金をお願いします。

・審査申込の際は受審者一覧及び審査申込書に領収書(写し)を添付の上申し込み下さい。
・締め切り後の取り消し(返金)には応じません。但し中止の場合は返金致します。

【注意事項】
*審査申込は楷書でわかりやすく黒のボールペンで記入すること。
*立射で受審する際は、申込書の所定の欄に立射で受審したい旨朱書きすると共に下記空白部分に理由を明記して下さい。(診断書・身障者手帳の添付は不要です)
*弐段受審者は現段位が認許されてから満5ヶ月以上経過していること。
*合格者は必ず登録料を納入すること。
*レポートは、しっかり教本等で勉強して提出してください。

【登録料
級位 1,030円  初段 3,100円  弐段 4,100

 

【お願い】
審査申込書の記載不備について地区長及び顧問の先生へのお願い

下記事項について、提出前にご確認をお願いいたします。

1.申込者の印鑑漏れ
2.
弓歴の記載なし
3.
支部長承認学校責任者承認の署名押印なし
4.
会員ID番号の記載なし

 

ビデオ審査に関する要領(PDFファイル;222KB)

令和2年度 第4回佐賀県地方審査案内

1、開催日時:令和3年2月23日(火・祝)
受審者30名毎に時間帯を分けて実施する為、開始時間等は申込み締め切り後に各支部まで連絡します。

2、会  場:SAGAサンライズパーク総合体育館弓道場
       佐賀市日の出一丁目21-15

3、審査種別:認定~五段まで(高校生以下を除く)
      *四段までは弓道衣 五段受審者は和服着用のこと。
       (自宅で着替えを済ませ来館してください
)
      *初段以上は学科試験を実施する
      *高校生で参段以上を受審する場合は、学校長の許可を得て申し込むこと。
4、締 切 日:令和3年2月10日(水)

5、審査申込書送付先
      近藤 宏 宛

6、審 査 料:指定口座に入金をお願いします。

・審査申し込みの際は受審者一覧及び審査申込書に領収書(写し)を添付の上、申し込み下さい
・締め切り後の取り消し(返金)には応じません。但し中止の場合は返金致します。

7、学科レポート問題
※弓道教本を熟読し、レポートを提出してください。

初段問題
 (1)「射法八節」を順に列挙し、「足踏み」を説明しなさい。
 (2)弓道を通じてどのようなことを学びたいと思いますか。

弐段問題
 (1)(坐射での)「矢番え動作」について説明しなさい。
 (2)あなたの弓道修練の目標について述べなさい。

参段問題
 (1)「射法・射技の基本」を列挙し、「呼吸(息合い)」について説明しなさい。
 (2)あなたが日々の修練で心掛けていることを述べなさい。

四段問題
 (1)「五重十文字」について説明しなさい。
 (2)「礼記-射義-」「射法訓」の考えの要点について述べなさい。

五段問題
 (1)「残心(残身)は射の総決算である」とはどのようなことか説明しなさい。
 (2)弓道修練の眼目について述べなさい。

 

 

【注意事項】
*審査申込は楷書でわかりやすく黒のボールペンで記入すること。
*立射で受審する際は、申込書の所定の欄に立射で受審したい旨朱書きすると共に、下記空白部分に理由を明記して下さい。(診断書・身障者手帳の添付は不要です)
申込後 諸事情で立射の申請をする場合は当日、受付でその旨を申告し、審査委員長の承認を得ること。
*弐段受審者からは現段位が認許されてから満5ヶ月以上経過していること。
*審査に遅刻・呼び出し(第二控えの点呼迄)に応じない際は、棄権したものと見做します。

【登録料
級位 1,030
初段 3,100
弐段 4,100
参段 5,100
四段 6,200
五段 10,300円

【審査の合格発表について】
合格発表は、各支部経由で本人に通知する。

【審査登録料の手続き】
合格発表後、各支部で取りまとめ地連へ納入ください。

【地方審査会における統一事項】
四段までの行射審査は弓道衣、五段審査は和服着用とする。

【審査会対策要件内容 抜粋】
(1) 三密にならないよう様に対策を講じること。
(2) 集合する「開会式」「矢渡/演武」「学科試験」は実施しない。また、「観覧席」の使用は禁止する。
(3) 学科試験はレポート形式とする。(受付時当日提出)
(4) 弓道場(控え)への入場制限を行います。
(5) 更衣室の密を避けるため、受審者は自宅で弓道衣(和服)に着替えを済ませ来館することが望ましい。
(6) 審査終了後、弓具を片付け、速やかに退館すること。
       

新型コロナウィルス感染症の発生状況により中止する場合もあります。
その時は早急に連絡致します。

第32回高等学校弓道奨励射会

期 日 令和2年12月6日(日)
会 場 伊万里市国見台弓道場
参加校 佐賀県内高校から男子18チーム(1チーム3人)、女子24チーム(1チーム3人)、個人出場者女子2名、合計130名参加 主 催 伊万里市弓道連盟(伊万里正鵠会)

★男子団体の部
優 勝 唐津西高等学校B
準優勝 早稲田佐賀高等学校A
第3位 唐津東高等学校A

★女子団体の部
優 勝 鹿島高等学校A
準優勝 早稲田佐賀高等学校A
第3位 唐津東高等学校A

★男子個人の部
優 勝 田中 颯(白石高等学校)   8射7中
準優勝 岸田和之(唐津西高等学校)  8射6中 遠近法により決定
第3位 家田翔平(早稲田佐賀高等学校)8射6中 遠近法により決定
第4位 福地雄晟(伊万里高等学校)  8射6中 遠近法により決定
第5位 吉川幸大(唐津商業高等学校) 8射6中 遠近法により決定

★女子個人の部
優 勝 福田幸音(武雄高等学校)   8射7中 遠近法により決定
準優勝 内田莉乃(早稲田佐賀高等学校)8射6中 遠近法により決定
第3位 香川斐奈子(伊万里高等学校) 8射6中 遠近法により決定
第4位 筒井彩音(鹿島高等学校)   8射5中 遠近法により決定
第5位 山口舞花(鹿島高等学校)   8射5中 遠近法により決定

令和2年度 佐賀県小中学生弓道大会

日 時:令和2年11月29日(日)
会 場:SAGAサンライズパーク総合体育館 弓道場
参加者等:71名(小学生男子5名、中学生男子14名 女子52名)

 

☆小学生の部
優勝  秋丸 潤(東与賀)
準優勝 坂本蓮人(東唐津)
3位  山本莉聖(東脊振)

☆中学生の部:団体
優勝  早稲田佐賀B(三島 円、田中さくら、堺田千晶)
準優勝 武雄青陵女子C(山口莉々加、山下絢未、大竹玲奈)
3位  武雄青陵女子A(梶山未空、古賀由夏、野中理加)

☆男子個人
優勝  古田凰将(武雄青陵)
準優勝 阪本優心(武雄青陵)
3位  野田 聡(早稲田佐賀)

☆女子個人
優勝  三島 円(早稲田佐賀)
準優勝 山内 紅葉(鳥栖)
3位  大竹玲奈(武雄青陵)
4位  則松 空(早稲田佐賀)
5位  荒川花歩(武雄青陵)
6位  梶山未空(武雄青陵)
7位  北 晴奈(武雄青陵)
8位  堺田千晶(早稲田佐賀)
9位  山口莉々加(武雄青陵)
10位  田中さくら(早稲田佐賀)

 

令和3年度国体選手選考について

令和3年度三重国体に向けた国体選手の選考 について、下記の内容で実施いたしますので、関係各位に周知をお願い致します 。

1.選考の方法
 ・一次選考を行い、男女各15名程度を強化選手として強化部より指名いたします。
 ・二次選考にて、男女各5名を国体候補選手として強化部より指名いたします。
 ・最終選考にて、三重国体選手男女各3名を佐賀県弓道連盟より指名いたします。

 

2.選考の基準
 ・射形、体配、的中を総合的に鑑み、本国体及び九州ブロック大会で上位入賞を期待できる選手を選考します。

 

3.選考の内容
〇一次選考
 下記の大会及び選考会の内容を基に選考いたします。基本的には全ての競技会に参加をしてください。
 特別な理由で参加できない場合は 、 必ず強化部までその旨の連絡をお願いします。
 選考会の詳細については追ってご連絡いたします。

大会名等 実施日 会場
新春射会 1月17日(日)(中止)

県総合体育館弓道場
(SAGAサンライズパーク)

第一回選考会 1月24日(日)(中止) 佐賀市立弓道場
第二回選考会 2月7日(日)(中止) 佐賀市立弓道場

〇二次選考 2月~4月までの期間に強化練習を数回行います。(一旦、白紙といたします)
〇最終選考 5月~6月までの期間に強化練習を数回行います。(一旦、白紙といたします)

 

4.その他
 ・参加者は佐賀県弓道連盟の会員であること。
 ・選考の内容については変更の可能性もあります。変更があった場合は随時連絡いたします。

 

5.問合せ先
 ・強化部岩屋 メールアドレス:kyokabu@gmail.com

以上

令和2年度佐賀県高等学校弓道選手権大会 兼 第39回全国高等学校弓道選抜大会 佐賀県予選会

日 時:令和2年11月14日(土)~15日(日)
会 場:SAGAサンライズパーク総合体育館 弓道場
参加者等:男子18校(31チーム 参加総数127名)、女子20校(31チーム 参加総数127名)

 

☆男子団体
優勝 早稲田佐賀高校A ※全国大会出場
  (大河内朝陽、井本幸希、家田翔平、南 重有)
2位 鹿島高校A 
  (小笠原恭太、石垣龍之介、岩永侑也、馬場偉月)
3位 唐津東高校A
  (宮﨑蒼真、髙栁幸輔、松藤 笑、稲葉春杜)

 

☆男子個人
優勝 宮﨑蒼真(唐津東高校)11中
2位 井本幸希(早稲田佐賀高校)10中
3位 横尾将英(致遠館高校)10中 射詰めにより決定

 

☆女子団体
優勝 早稲田佐賀高校A ※全国大会出場
  (安部美咲、青木彩桜、内田莉乃、丹野優泉子) 
2位 鹿島高校A
  (筒井彩音、小野原暖花、西村夏海、古川蒼空)
3位 武雄高校B
  (神武奈央、林田明莉、古賀寿咲、橋口嘉乃)

 

☆女子個人
優勝 三浦凜子(武雄高校)10中
2位 小野原暖花(鹿島高校)9中
3位 江頭宥美(佐賀北高校)8中 遠近法にて決定

 

優勝校は12月24日から26日に岐阜県岐阜市「岐阜メモリアルセンターで愛ドーム」でおこなわれる全国選抜大会に出場します。(本年度の個人の部は中止が決定しています)

 

 

令和2年度佐賀県新春射会(兼国体選考会)の開催について(開催中止)

1.日 時    令和3年1月17日(日)午前9時開始 (午前8時開場予定)(新型コロナの影響のため中止)
2.会 場    SAGAサンライズパーク総合体育館弓道場(県総合体育館)
3.参加資格   一般会員及び大学生(高校生以下除く)
4.競技要項   一手礼射及び答礼射(※一手皆中者には礼射賞を準備しています。)
        近的個人競技 4ッ矢2立 立射 計8射による的中制とします。
        ※各優勝決定は射詰め(5射目から8寸的)、その他は遠近法で行う。
5.表 彰   称号者の部、四・五段の部、参段以下の部に分け、それぞれ参加人員に応じて
        相当数の表彰を行う。
        新人賞:令和2年中に新規会員(初段以下)になられた方で、過去の大会で新人賞を受賞していない方。(上位若干名)
6.参加費   1,000円 (昼食なし)当日徴収
7.申 込   別紙申込書により、令和2年12月25日まで(期日厳守)
        金子 歩  宛
8.その他   ※四段以上は和服の着用をお願います。

*毎回、連盟会費の納入確認で事務局に迷惑をかけています。必ず、申し込み時までに納入してください。

 

※運営担当地区:公認スポーツ指導者(30年受講者)・佐賀・唐津・相知・伊万里・有田・武雄・山内
(運営委員は8:00から打合せを行います。)  
運営担当地区になっているところは、多数の参加をお願いします。

 

令和2年度 佐賀県秋季弓道大会

日 時:令和2年11月1日(日)
会 場:佐賀県総合体育館弓道場
参加者:96名

【団体】
優勝  太良A(染川 徹、染川由紀菜、今田康光)
準優勝 勝鴉B(原巻啓太、川﨑浩輔、對間美玖)
3位  はがくれ(檜森 真、穐山善次、田原則夫)

【個人男子】
優勝  今田康光(太良)
準優勝 遠藤祐一(鳥栖)
3位  真崎晃紘(神埼)
4位  平野大輔(唐津)
5位  坂本優太(佐賀)
6位  馬場裕之(大町)
7位  中山友輔(佐賀)
8位  前田修都(佐賀)
9位  本村良洋(佐賀)
10位 原巻啓太(白石)

【個人女子】
優勝  馬渡 雛(唐津)
準優勝 竹下知朋(川副)
3位  坂上好子(佐賀)
4位  谷口亜紀子(鹿島)
5位  黒髪友梨(伊万里)
6位  大曲佐知子(鳥栖)
7位  染川由紀菜(太良)

【新人賞】
松尾和美(太良)
川崎 誉(佐大)
西 千晶(太良)
岡本千恵(神埼)