【佐賀】 全九州弓道連盟連合審査

1、期  日:2019年6月23日(日) 9時 開会式

2、会  場:佐賀県総合体育館弓道場 
      (住所)佐賀市日の出一丁目21番15号  TEL:0952-32-2131(体育館事務所)
      (道順)鉄道利用の場合: JR佐賀駅から2km
          車利用の場合: 長崎自動車道「佐賀大和IC」から10分

3、審査種別:五段

4、受審資格:平成31年1月23日までの四段合格者

5、受審申込について
      (1)方法:所定の用紙により審査料を添えて、所属地連を経由して申請する。
      (2)締切日:2019年5月23日(日)  -締切 厳守 –

6、注意事項
      (1) 申込書の申請には、所属地連の締切日に十分留意する。
      (2) 申込書は必要事項を黒のボールペン、または万年筆で自筆、楷書で判りやすく明確に、
         会員ID(7桁)も必ず記入する。
      (3) 申込書に虚偽の記載があった場合は、審査の結果が無効となることもある。
      (4) 受審者は、開始時刻までに会場へ集合する。
      (5) 受審者は、全員和服を着用し、必ず全日本弓道連盟会員章をつけること。
         ただし、全弓連の中央審査と同じく、開会式および学科試験においては、
         節度ある服装であれば、和服でなくとも良いことする。
      (6) 審査に遅刻したり呼び出しに応じない際は、棄権したものとみなす。
      (7) 立射で受審する際は、審査申込書(請求書)に立射で受審したい旨を朱書きする。
      (8) 学科審査においては、会場内への筆記用具以外の持ち込みを禁止する。
         但し、貴重品に限り持ち込みを許可するが、会場内の所定の位置に置くこと。

7、そ の 他:審査申込書に記載される個人情報の利用目的について
       審査申込書の提出により、以後の関係資料について下記取り扱いの旨、
       承諾を得たものとする。
      (1) 審査名簿ほか関係資料への記載
        (氏名,所属地連、所属団体、年齢、既得の段位及び認許年月,その他特記事項)
      (2) 立順表への記載(氏名,所属地連、所属団体)
      (3) 審査結果報告として,全弓連及び地連会長宛文書

 

平成31年3月吉日

主催:全九州弓道連盟連合会
主管:佐賀県弓道連盟

 

地連締切日5月13日必着 *期日厳守
審査料+500円を添え田原会長まで申込のこと

 

2/24会長杯)忘れ物のお知らせ

2月24日に佐賀県総合体育館弓道場で行われました佐賀県弓道連盟会長杯にて、弦巻と天弓ローションの忘れ物がありました。

弓道場入り口の下駄箱に置いておりますので、該当の方は受け取りをお願いいたします。

 

【仙台】定期中央審査会

1.主  催   公益財団法人全日本弓道連盟
2.主  管   宮城県弓道連盟
3.期  日   019年7月5日(金) 9時開始 教士・八段
         2019年7月6日(土) 9時開始 七段・六段 

4.会  場   宮城県弓道場/宮城県武道館弓道場
         〒982-0844 宮城県仙台市太白区根岸町15-1(宮城県第二総合運動場内)
         TEL:022-746-8827(宮城県弓道連盟事務局)
         仙台市営地下鉄南北線「河原町駅」または「長町一丁目駅」より徒歩約10分。
         JR「仙台駅」よりタクシー利用で約10分。
5.審査種別   教士・八段・七段・六段
6.受審資格   教士 2017年7月5日までの錬士合格者、且つ2018年度【仙台】定期中央審査会までの六段合格者
         八段 2018年度【仙台】定期中央審査会までの七段合格者
         
七段 2018年度【仙台】定期中央審査会までの六段合格者
         六段 2018年7月6日までの五段合格者

7.締 切 日   2019年5月7日(火)厳守
8.そ の 他
  (1)本連盟ホームページに掲載の「審査規程」及び「2019年度中央審査会受審にあたって」を確認すること。
  (2)2018年度【仙台】定期中央審査以降の八段第一次審査通過者は第一次審査を免除する。審査申込書右下の受審者連絡欄へ第一次審査通過日を朱書きで記載のこと。

 

地連締切日4月24日必着 *期日厳守
審査料+500円を添え田原会長まで申込のこと

 

【福岡】定期中央審査会

1.主  催   公益財団法人全日本弓道連盟
2.主  管   福岡県弓道連盟
3.期  日   019年8月31日(土) 9時開始 教士・七段
         2019年9月1日(日)  9時開始 八段・六段 

4.会  場   福岡武道館弓道場<七段・八段
         〒810-0052 福岡県福岡市中央区大濠1丁目1番1号
         TEL:092-714-1900
         福岡市地下鉄七隈線「六本松駅」下車後、徒歩約10分。
         福岡市地下鉄空港線「大濠公園駅」下車後、徒歩約15分。
         「福岡空港」よりタクシー利用で約20分~30分。

         東平尾公園博多の森弓道場<六段・教士
         〒812-0852 福岡県福岡市博多区東平尾公園1-1
         TEL:092-612-0630
           JR「博多駅」バスターミナル1階のりば14番より、西鉄バス路線番号39Bに乗車
         「東平尾公園入口」下車後、徒歩約10分。
         JR「博多駅」よりタクシー利用で約20分。
         「福岡空港」よりタクシー利用で約10分。
5.審査種別   教士・八段・七段・六段
6.受審資格   教士 2017年8月31日までの錬士合格者、且つ2018年度【福岡】定期中央審査会までの六段合格者
         八段 2018年9月1日までの七段合格者
         
七段 2018年度【福岡】定期中央審査までの六段合格者
         六段 2018年9月1日までの五段合格者

7.締 切 日   2019年7月1日(月)厳守
8.そ の 他
  (1)本連盟ホームページに掲載の「審査規程」及び「2019年度中央審査会受審にあたって」を確認すること。
  (2)2018年度【福岡】定期中央審査以降の八段第一次審査通過者は第一次審査を免除する。審査申込書右下の受審者連絡欄へ第一次審査通過日を朱書きで記載のこと。

 

地連締切日6月21日必着 *期日厳守
審査料+500円を添え田原会長まで申込のこと

 

平成30年度第4回佐賀県地方審査案内

1、開催日時:平成31年3月31日(日) 午前9時00分開始

2、会  場:佐賀県総合体育館弓道場
       佐賀市日の出一丁目21-15

3、審査種別:認定~四段まで
      *四段受審者は和服着用のこと
      *初段以上は学科試験を実施する
4、締 切 日:3月15日(金)必着

5、審査請求書送付先
      近藤 宏 宛

6、審 査 料:指定口座に入金をお願いします。

・審査申し込みの際は受審者一覧及び審査申込書に領収書を添付のうえ申し込み下さい
・締め切り後の取り消し(返金)には応じません

 

【注意事項】
* 審査申し込みは楷書でわかりやすく黒のボールペンで記入すること
*立射で受審する際は、申し込みの所定の欄に立射で受審したい旨朱書きするとともに、下記空白部分に理由を明記してください(診断書・身障者手帳の添付は不要です)
申し込み後 諸事情で立射の申請する場合は当日、受付でその旨を申告し会長の承認をえること
*受審者は8時50分までに受付をすませて9時までに会場に集合お願いします。
*小中学生の段位及び初段審査は現級位が認許されてから満3ヶ月以上経過していること
*弐段受審者からは現段位が認許されてから満5ヶ月以上経過していること
*審査に遅刻呼び出し(第二控えの点呼まで)に応じない際は、棄権したものとみなす。
*合格者は必ず当日 登録料を納入のこと
*学科試験会場への筆記用具以外の持ち込みは禁止します(教本・携帯など)

 

【九州地区】錬士臨時中央審査会

1.主  催   公益財団法人全日本弓道連盟
2.主  管   熊本県弓道連盟
3.期  日   019年6月16日(日) 9時開始 
4.会  場   熊本市植木弓道場
         〒861-0136 熊本県熊本市北区植木町岩野238-1
         TEL:096-272-3991
         JR「植木駅」よりタクシー利用で約15分。
         九州縦貫自動車道「植木IC」より車利用で約10分。
5.審査種別   錬士
6.受審資格   2018年6月16日までの五段合格者
7.締 切 日   2019年4月16日(火)厳守
8.そ の 他
  (1)本連盟ホームページに掲載の「審査規程」及び「2019年度中央審査会受審にあたって」を確認すること。

地連締切日4月6日必着 *期日厳守
審査料+500円を添え田原会長まで申込のこと

【福岡】 全九州弓道連盟連合審査

1、期  日:平成31年3月10日(日) 9時 開会式

2、会  場:福岡市博多の森弓道場 
       〒812-0852 福岡県福岡市博多区東平尾公園1-1
       TEL:092-612-0630
       JR「博多駅」バスターミナル1階のりば14番より、西鉄バス路線番号39Bに乗車
       「東平尾公園入口」下車後、徒歩約10分。
       JR「博多駅」よりタクシー利用で約20分
       「福岡空港」よりタクシー利用で約10分。

3、審査種別:五段

4、受審資格:平成30年10月10日までの四段合格者

5、受審申込について
      (1)方法:所定の用紙により審査料を添えて、所属地連を経由して申請する。
      (2)締切日:平成31年2月10日(日)  -締切 厳守 –

6、注意事項
      (1) 申込書の申請には、所属地連の締切日に十分留意する。
      (2) 申込書には全ての必要事項を自筆・楷書で、読み取りミスが生じないよう
         黒のボールペン{または万年筆)で明確に記入すること。
      (3) 申込書に虚偽の記載があった場合は、審査の結果が無効となることもある。
      (4) 受審者は、開始時刻までに会場へ集合する。
      (5) 受審者は、全員和服を着用し、必ず全日本弓道連盟会員章をつけること。
         ただし、全弓連の中央審査と同じく、開会式および学科試験においては、
         節度ある服装であれば、和服でなくとも良いことする。
      (6) 審査に遅刻したり呼び出しに応じない際は、棄権したものとみなす。
      (7) 立射で受審する際は、審査申込書の「受審者連絡欄」に(立射)と朱書する。
      (8) 学科審査においては、会場内への筆記用具以外の持ち込みを禁止する。
         但し、貴重品に限り持ち込みを許可するが、会場内の所定の位置に置くこと。

7、そ の 他:審査申込書に記載される個人情報の利用目的について
       審査申込書の提出により、以後の関係資料について下記取り扱いの旨、
       承諾を得たものとする。
      (1) 審査名簿ほか関係資料への記載
        (氏名,所属地連、所属団体、年齢、既得の段位及び認許年月,その他特記事項)
      (2) 立順表への記載(氏名,所属地連、所属団体)
      (3) 審査結果報告として,全弓連及び地連会長宛文書

 

平成30年 1月

主催:全九州弓道連盟連合会
主管:福岡県弓道連盟

 

地連締切日1月31日必着 *期日厳守
審査料+500円を添え田原会長まで申込のこと

 

【京都】定期中央審査会

1.主  催   公益財団法人全日本弓道連盟
2.主  管   京都府弓道連盟
3.期  日   2019年5月4日(土) 9時開始 七段・六段 
         2019年5月5日(日) 9時開始 教士・八段
4.会  場   京都市勧業館「みやこめっせ」 http://www.miyakomesse.jp/
         〒606-8343 京都市左京区岡崎成勝寺町9番地の1
         TEL:075-762-2630
         京都市営地下鉄東西線「東山駅」より徒歩約8分
5.審査種別   教士・八段・七段・六段
6.受審資格   教士 2017年5月5日までの錬士合格者、且つ2018年5月5日までの六段合格者
         八段 2018年5月5日までの七段合格者
         七段 2018年5月5日までの六段合格者
         六段 2018年5月4日までの五段合格者
7.締 切 日   2019年3月4日(月)厳守
8.そ の 他
  (1)本連盟ホームページに掲載の「審査規程」及び「2019年度中央審査会受審にあたって」を確認すること。
  (2)2018年度【京都】定期中央審査以降の八段第一次審査通過者は第一次審査を免除する。
     審査申込書右下の受審者連絡欄へ第一次審査通過日を朱書きで記載のこと。
  (3)受審者の審査種別、立順、所属地連、氏名を第70回全日本弓道大会プログラムへ掲載する。

地連締切日2月22日必着 *期日厳守
審査料+500円を添え田原会長まで申込のこと

 

新年のあいさつ 平成31年 1月

 明けましておめでとうございます。
皆様におかれましては、それぞれに新たな抱負や希望を胸に新しい年をお迎えになられたことと存じます。
 昨年は、会員の皆様の日頃の修練の結果、中央審査では錬士1名、六段1名、七段1名、九州連合審査では五段に4名の方が合格されました。
誠におめでとうございます。
各大会では、九州ブロック大会で、成年男子が優勝し本国体出場。
本国体に於いて成年男子近的の部2位入賞。
全九州教職員弓道大会で団体準優勝、九州中学生大会で早稲田佐賀中学校が団体準優勝、男子個人で優勝、準優勝、全国中学生大会でも早稲田佐賀中学校の家田選手が個人男子で優勝、団体で昨年に続き5位入賞。高校では九州高校新人大会で唐津東高校女子が団体優勝、個人男子では唐津商業高校の徳永選手が優勝というすばらしい成績を残して頂きました。これも選手、指導者の皆様の平素の努力・修錬の賜物ではないでしょうか。
 現在、佐賀県連として国民スポーツ大会開催地の多久市関係者と協議を重ね素晴らしい道場の建設に向け準備を進めており平成31年度には本設計に入ります。
 近年スポーツ界では、残念ながらパワハラやセクハラなどの問題が多発しております。
私達弓道人は弓道をとおしお互いを尊重し、思いやりのある、パワハラ・セクハラのない弓道、そして段位や称号に驕ることなく謙虚な心、礼を失せず弓道人としての心構えを忘れず、弓道の「礼に始まり礼に終わる」精神を肝に銘じ会員皆様の力で県連を盛り立てていきましょう。
平成35年国民スポーツ大会(佐賀大会)の成功向けて一層の努力をして参ります。
今後とも会員皆様のご理解とご支援を賜ります様、お願い致します。
 最後に皆様のご健康とそれぞれの目標に向かって、精進、大躍進される事を祈念し念頭の挨拶といたします。 
平成31年 元旦
佐 賀 県 弓 道 連 盟 
会 長 田 原 則 夫