第68回全日本弓道大会

第68回全日本弓道大会 参加者各位

公益財団法人 全日本弓道連盟

●実施要項

1.目  的  弓道技能の向上および弓友相互の親睦を図るとともに、弓道の発展に
        寄与することを目的とする。
2.主  催  公益財団法人全日本弓道連盟
3.後  援  京都府・京都府教育委員会・公益財団法人京都府体育協会
        (申請予定)京都市・京都市教育委員会・公益財団法人京都市体育協会
4.主  管  第68回全日本弓道大会実行委員会
5.期  日  平成29年5月2日(火)・3日(水)
6.会  場  京都市勧業館「みやこめっせ」 http://www.miyakomesse.jp/
        〒606-8343 京都市左京区岡崎成勝寺町9番地の1
        TEL:075-762-2630
        京都市営地下鉄東西線「東山駅」より徒歩約8分
7.競技種目  近的競技
8.競技種類  個人競技
9.演武種別  有段者の部・錬士の部・教士の部・範士の部
10.競技種別  有段者の部・錬士の部・教士の部
11.競技内容  的中制(坐射・直径36cm霞的)
12.競技日程
  5月2日  8:00開館(1階選手控室)
        9:00開館(3階観覧席)
        9:30開会式・功労者表彰式
         矢渡
         演武(範士の部)
        演武・競技(錬士の部)
        競技終了後表彰式
        18:00懇親会(1階選手控室)
  5月3日  8:00開館(選手控室)
        8:30開館(3階観覧席)
        9:00演武・競技(有段者の部・教士の部)
        競技終了後閉会式
13.演武方法 (1)各部とも一手1回とし、原則として各射場5人立で行う。
       (2)有段者の部・錬士の部・教士の部は「競技における行射の要領」
          で行う。
       (3)範士の部は「審査における行射の要領」で行う。
14.競技方法 (1)有段者の部・錬士の部・教士の部の演武皆中者により行う。
       (2)各部とも「競技における行射の要領」で行う。
       (3)射詰競射にて順位を決定する。射詰の3射目以降は、直径24cm
          星的を使用する。
          また、的中を逸した同位者は、直径36cm霞的を使用し遠近競射
          で順位を決定する。
15.表  彰 (1)範士の部は、優秀者を選出し、賞状及びメダルを授与する。
       (2)有段者・錬士・教士の各部は、優勝~5位までに賞状及びメダルを
          授与する。
       (3)錬士及び範士の部の表彰は1日目の競技終了後に行う。
16.参加資格 (1)錬士・教士・範士の各部は本連盟の称号受有者とする。
       (2)有段者の部は本連盟の称号者を除く四段以上の受有者とする。
       (3)本大会は大会役員及び競技役員も参加できる。
17.適用規則 公益財団法人全日本弓道連盟「弓道競技規則」ならびに本実施要項による。
18.参加申込 (1)方 法: 参加者は本連盟ホームページからプリントアウト、
               又は月刊『弓道』平成29年1月号に折込みの参加申込書
               に参加料を添え、所属地連へ申請すること。
               地連は申請者の資格等確認の上、締切日までに参加申込書
               を下記宛に送付し、参加料を本連盟の指定口座へ締切日
               までに振り込むこと。
       (2)注意点: 参加者は申込みに際し、所属地連の締切日に十分注意する
               こと。個人会員から本連盟に直接申込みをすることは
               できない。必ず地連が取り纏めて行うこと。
               参加申込書には、必要事項を黒のボールペン又は万年筆
               で自筆により楷書で判りやすく明確に記入すること。
               鉛筆・サインペン等は使用しないこと。
       (3)申込先: 〒150-8050 東京都渋谷区神南一丁目1番1号
               岸記念体育会館内
               公益財団法人全日本弓道連盟 全日本弓道大会係 宛
               TEL:03-3481-2387
       (4)大会参加種別は、参加申込時のものとする。
       (5)参加申込後の返金は行わない。
19.参 加 料 1名:5,100円
20.締 切 日 平成29年4月3日(月)厳守
21.宿  泊 各自手配のこと。
22.注意事項 (1)演武及び競技の服装は、弓道衣(白筒袖・袴・白足袋)又は和服
          とし、受付時に配布するゼッケンを付けること。
       (2)開会式には原則として全員参加すること。
       (3)会場へは、公共の交通機関を利用すること。
       (4)参加者を対象に主催者で傷害保険に一括加入するが、参加者各位
          においてもスポーツ安全保険に加入することが望ましい。
       (5)参加者は健康保険証を持参のこと。
23.そ の 他 申込書の提出により、以後の関係資料について下記取り扱いの旨、承諾を
        得たものとする。
        ただし、下記(2)の月刊『弓道』・ホームページへの掲載に関しては、
        本人より不同意の申し出があった場合は、公開を停止する。
       (1)大会プログラムならびに関係書類への記載(氏名、所属地連、称号、
          段位)
       (2)大会結果報告として、地連会長宛文書及び月刊『弓道』・ホーム
          ページへの掲載(氏名、所属地連、称号、段位、写真、動画)
       (3)報道機関、写真業者等の写真撮影とその掲載等については、主催者
          は関知しない。関係各法例を遵守する義務は、写真撮影者にあること
          を主張する。

地連締切日  3月23日必着 *期日厳守

 参加申込書は事務局実本まで申込のこと

 第68回全日本弓道大会1日目終了後に「懇親会」が下記のとおり開催されます。
 ※参加希望の方は懇親会費と大会参加料と合わせ申込ください。
 参 加 料   2,000円(軽食とお飲物)

●懇親会の開催について(ご案内)

拝啓 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
 さて、本連盟では、第68回全日本弓道大会1日目終了後に「懇親会」を下記のとおり開催いたします。
 参加者の皆様におかれましては、全国弓友との親睦を図る場としていただきたく、お誘い合わせのうえ、 是非、ご参加いただきますようお願いいたします。
 参加をご希望の方は、大会参加申込みに併せて、ご所属の地連へお申込みください。
 皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

 1.名  称   第68回全日本弓道大会懇親会
 2.期  日   平成29年5月2日(火)18:00 ~ 19:30(予定)
 3.会  場   京都市勧業館「みやこめっせ」(1階選手控室)
 4.参 加 料   2,000円(軽食とお飲物を準備いたします)
          ※懇親会費は大会参加料と合わせ、ご所属の地連へお支払い
           ください。
 5.受  付   5月2日大会終了後、1階入口にて行います。
 6.服  装   平服(和服又は弓道衣可)でお越しください。
          ※申込人数が想定を大幅に上回る場合は、参加人数を制限させて
           いただく場合があります。

以上